2020年 第12回 神戸

「垣根を越えて、出会い、創る~チャレンジせんかい❗~」

神戸大会では、これからのブリーフセラピーを体感できる会にしたいと思います。
ブリーフセラピーは今日の世相に合う形に対応していけます。
バラエティーに富んだ関係性が次々と形作られている昨今、元来の「家族」という枠組みに留まらず、新しい家族の形や産業界のあらゆる関係性、介護施設やデイサービスなどの今とても重要になってきている場に対しても使えます。
また人間に限らず、ペットや物を介した複雑に絡み合ったコミュニケーションが増えるなか、今の時世に沿った使い方を創っていくことができるのではないでしょうか。
さらにブリーフセラピーであれば、既にある様々な心理療法が活用できます。
今までのやり方や形にとらわれず、新しい出会いを経て、新しい支援の形を創っていける大いなる可能性に満ちています。
神戸大会では、様々な垣根を越えてチャレンジし、様々な人や物が出会い、新しい何かを創っていける場を作っていきたいと思います。そして繋がり広がっていくことを願っています。
またサブタイトルの「チャレンジせんかい❗」は、神戸大会にご協力いただいている龍谷大学の東豊先生から頂戴しました。普段学生指導の際によく使っておられる言い回しだそうです。
このタイトルにふさわしい勇気付けの檄を飛ばして下さいました。
関西の力強さが、皆さんの活力になれば幸いです!

※随時、詳細が決定次第、更新して参ります。