2020年 第12回 Web・オンライン

日本ブリーフセラピー協会第12回学術会議に関する重要なお知らせ
第12回学術会議の開催について
会員の皆さま・ご参加を予定されている皆さま


本大会は、社会情勢の中でオンライン開催となりましたが、従来の大会の枠にとらわれないオンライン開催ならではの面白い大会開催を目指します。運営・企画委員は、35歳以下若手で行うことになりました。今年度の学術大会の概要は下記の通りです。

● 大会テーマ 『ブリーフセラピーの創造性・多様性』

大会テーマは、『ブリーフセラピーの創造性・多様性』です。ブリーフセラピーでは、面接で決められた治療モデルや質問技法を踏襲するのではなく、ブリーフセラピーの精神―クライアント・ファーストかつ、型にとらわれない新しい発想のなかで、新しいモデルや方法を創造してきました。このような『ブリーフセラピーの創造性・多様性』をテーマに掲げて、オンライン開催ならではのプログラムを用意いたしました。

● 会 期 令和2年11月7日(土)~11月8日(日)

企画シンポジウム・ブリーフセラピストNo,1選手権、大会企画イベントは、当初予定通り、11月7日・8日(土・日)に開催いたします。研究発表・自主企画シンポジウム、大会ワークショップは10月10日(土)から11月8日(日)までの期間、参加者専用ページにてストリーミング配信(動画配信)いたします。

● 会 場 オンライン・WEB開催

● 概 要

◆大会企画シンポジウム
「情報処理と臨床心理学(ブリーフセラピー)」というテーマで、情報処理と相性が良いと思われるブリーフセラピーの実践と研究について考えていきます。

◆大会特別企画ブリーフセラピストNo,1選手権 B-1GP
本協会で毎年開催している本企画を、オンライン開催でも継続します。オンラインならではのあり方を検討しています。

◆大会企画イベント①「某先生のケースの陪席をヘッドマウントディスプレイで体験する」
企画検討中。

◆大会企画イベント②「大会参加者のマッチング」
企画検討中。

◆研究発表と自主企画シンポジウム
抄録および動画の媒体を提出していただきます。大会参加者のみ、ストリーミング配信(動画配信)で視聴できます。

*    事例発表は、オンライン開催の性質を考慮し、今大会は行いません。同時に、新しい実践や研究が進むきっかけになる「テーマ公募型」の研究発表と、「ソリューション・バンク(名称不定)型発表(事例のエッセンス提示を含む)」を設けます。

◆ワークショップ
これまでにないテーマ数になります。さまざまなテーマを設けます。大会参加者のみストリーミング配信(動画配信)で視聴できます。 プログラムの詳細、参加費、申込方法等については決まり次第HPを通じてお知らせいたします。

● 実行委員長 平泉拓(東北福祉大学)(大会事務局 東北福祉大学)

本大会は、オンライン大会ならではの企画を練っています。初めての試みで至らぬ点も多いことと存じますが、初めてブリーフセラピーを学ぶ人にとっても、ブリーフセラピーをさらに深めていく人にとっても、面白い大会にしたく存じます。オンライン大会を、皆さんと盛り上げていきたいと思いますので、大会に向けて、変わらぬご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

● 大会事務局

                                           東北福祉大学 平泉拓研究室

● 問い合わせ先

                                           Mail: conference@brieftherapy-japan.com